めのや 出雲大社店

勾玉の日。

みなさまこんにちは。

本日のブログ担当は朝倉です。

お付き合いよろしくお願いします。

今日は勾玉の日。

古代出雲歴史博物館も

今日は勾玉にちなんだ

イベントがあるようです。

歴史博物館の企画展

「古代文化の珠玉~玉は語る出雲の煌き~」

も絶賛開催中ですね。

ご来店のお客様で歴史博物館に行かれる方が

多いように感じます。

昨年、江戸東京博物館で催された

「玉 ~古代を彩る至宝~」とは

また違った内容です。

今月17日までの開催ですので

是非ご覧になってもらいたいですね!

さてさて。

そんな勾玉の日。

山陰観光地の店舗では

出雲石勾玉の販売です!!

ついにこの日が来ました!

今まで扱っていた碧玉製勾玉は「青石」。

これは過去、玉造にある花仙山で産出した

非常に高品質な碧玉のレベルと

同レベルの海外産碧玉で作った勾玉。

弊社は海外産出の碧玉を「青石」、

花仙山産出の碧玉を「出雲石」と

呼称を変えています。

しつこいようですがこの度

販売させていただくのは

花仙山の碧玉、「出雲石」の勾玉です!!

古来はこの出雲石は

「青めのう」と呼ばれていました。

もちろん「めのう」ではないのですが

同じ山で「赤めのう」と

「白めのう」が産出したからでしょうか!?

「青めのう」といえば碧玉の事でした。

古来に則り、産地証明書には

「青めのう」の文言を

書かせて頂いております。

ではいくつかご紹介を。

DSC_3894.JPG

出雲石工房勾玉 28㎜ ¥211,200+(税)

今回の入荷した中で最も大きいサイズです。

手に取るとこんな感じ。
DSC_3898.JPG

反対側。

DSC_3895.JPG

出雲石工房勾玉 22㎜ ¥46,900+(税)
DSC_3899.JPG

DSC_3900.JPG

反対側はくびれの部分に

縞模様があり、

帯を締めているような個性があります。

出雲石工房勾玉 18㎜ ¥24,900+(税)
DSC_3901.JPG

DSC_3902.JPG

18㎜はチョーカーにしても

ブレスレットにしてもいいですね♪♪

改めて拝見すると

ツヤ感が非常に良いものが多いと感じます。

花仙山産は今では産出していない

非常に稀少な原石となってしまいました。

その昔、この石は日本海の海流の利用で

北海道から九州まで運ばれ、

「玉」として加工されたそうです。

福岡の糸島市の伊都国博物館にも

玉を作った遺跡から出土した

花仙山の碧玉のカケラが展示されています。

石もそうですが、玉作りに携わった

玉作工人も

その土地に渡ったと考えられています。

古墳時代から各地を結んだ

出雲石とその玉作りの技術。

そんな悠久の思いを含めて

店頭でご覧くださり、

出雲大社の参拝の記念として

お求めくださると嬉しく思います。

お時間のある方は

出雲石を携えて出雲古代歴史博物館で

企画展をご覧になると

その感動は一入になるのでは!

なんて思っています。

私がそうでした(^^;)

販売期間は今月23日(日)まで。

期間限定です。

DSC_3893.JPG

そして、好評頂いた

出雲小石磨き原石の販売は

本日までとなっております。

是非、合わせてご覧くださいますように。

それでは本日はこの辺で。

またの機会に。

ご自愛くださいますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

店舗情報

店舗名
めのや 出雲大社店
住所
〒699-0711 島根県出雲市大社町杵築南731番地
電話番号
0853-31-4675
営業時間
9:00-17:00

店舗ページはこちら

  • 公式オンラインショップはこちら
  • 採用情報はこちら