めのや 出雲大社店

水晶勾玉を比べてみました。

みなさまこんにちは。

本日のブログ担当は朝倉です。

お付き合いよろしくお願いします。

 

7月入りましたね(^^)b

今年も後半突入です。

 

そして先月の末日、

6月30日はそう、「夏越の祓」でした。

 

ご存知の方も多いと思いますが、

神社では年に二回、

半年間に積もった罪・穢れを

お祓いする祭祀があります。

 

神社によっては月遅れの

7月に行うところもあるようですが、

出雲大社では6月30日でした。

 

今年はお休みを取り、参列して参りました。

 

拝殿に昇殿させてもらい正座で20分ほど。

大祓詞を国造さま、神職の皆さん、

参列者の皆さんと一緒に奏上してきました。

 

 

そして「切麻(きりぬさ)」を身に振りかけ

半年間の祓いをしてきました。

なんか、スッキリした気分でした。

 

ちなみに松江市の神魂神社と真名井神社の2社は

月遅れの7月31日に夏越の祓が行われます。

 

 

 

さてさて。

本日はヒマラヤ水晶勾玉30㎜と

通常扱いの水晶勾玉30㎜を

比べてみましょう。

もちろん、石はお好みで

選ぶ方によって見るところ

感じる印象は十人十色だと思います。

 

ですので、

今度それらの勾玉を手に取られる時の

参考になればと思います。

 

ヒマラヤ水晶勾玉30㎜ ¥18,000+(税)

こちらはなんといっても

炭酸水のような「しゅわしゅわ」が魅力。

 

この気泡の様な結晶の影響でしょうか!?

穴の部分の面取りが大きく施され、

その部分を見ると

目の感じが可愛く見えます。

 

光に照らすとしゅわしゅわの泡が

光を分ける様に広がりきれいですね。

 

ツヤはそれほど強くも無く、

表面が軽いつや消しに

なっているような個体も

中には見受けられます。

 

そして、通常の水晶勾玉。

水晶勾玉30㎜ ¥9,000+(税)

 

これは中でも艶感が強いものを選びました。

透明感もあり、ヒマラヤ産と

仕上げが違うのは穴の中も

磨かれていて、

透明感を損なわない様になっています。

 

これは水晶勾玉の30㎜と20㎜の

大きな違いでもあります。

光に照らすと光のスジが

シュッとした一本の線になります。

おもしろいですね♪♪

 

同じ水晶でも

違う表情があります。

結晶の違いでチャームポイントが

変わるんですね!

是非、手に取られて

比べてみてください(^^)

 

 

 

さて。

九州南部や四国では

避難されている方も

いらっしゃるかと思います。

この先、雨が終息し

日常が戻ってきますよう祈っております。

 

 

 

 

本日はこの辺で。

またの機会に。

ご自愛くださいますように。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

店舗情報

店舗名
めのや 出雲大社店
住所
〒699-0711 島根県出雲市大社町杵築南731番地
電話番号
0853-31-4675
営業時間
9:00-17:00

店舗ページはこちら

  • 公式オンラインショップはこちら
  • 採用情報はこちら